2010年02月16日

100%植物性天然素材で作られる目添加石けんの代名詞「マルセイユ石けん」

オリーブオイルを主原料に作られるマルセイユ石けんを紹介します。
マルセイユ石けんの歴史は古く、17世紀フランスのルイ14世の時代までさかのぼります。当時、石けんが多く作られ始めた結果、動物性油脂の粗悪品が多く出回ることとなり、せっけんの質を高める勅令がルイ14世からだされました。そこで生まれたのがマルセイユ製法の石けんです。

olivesoap-02.jpg
【マルセイユ石鹸】お試しはコチラ
clik

マルセイユ石けんの良さはなんといっても植物性油脂100%で人工着色料、人口香料、防腐剤をいっさい使っていない無添加であるということです。つまり、洗顔はもちろんのこと髪、ボディに使っても安心ということです。洗い心地の良さ・さっぱり感はもちろん、洗った後の、肌の乾燥・カサつき・ツッパリを感じさせません。
洗顔やボディ用だけでなく、シルク(絹)のオシャレ着やリネンも、ぬるま湯に溶かして手洗い可能で、Yシャツ襟の汚れ落としに使っている方もいます。
人工香料は不使用のため、食器洗いはもちろん、キッチン用フキンも洗えます。
「天然木家具のツヤ出しやメンテナンスにも欠かせない」これは、家具メーカーさんのご意見です。
カバンや小物類の汚れ落としに使っているという方もいます。

olivesoap-15.jpg
【マルセイユ石鹸】お試しはコチラ
clik

マルセイユ石鹸は、完全無添加の状態でお届けするために、作られた状態のままの「ビッグバー」という形状をしています。マルセイユ石けんがお手元に届いたら、備え付けのカッティングワイヤー、またはご家庭の包丁で、なるべく早い時期に、 お好みの大きさに切って保管してください。3〜4人家族で8ヶ月から10ヶ月使用できる2.5kgのバーです。

olivesoap-15.jpg
【マルセイユ石鹸】お試しはコチラ
clik
posted by くろねこ at 16:22| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。